シンガポールの仮想空間「Fresbo World」、正式サービスを開始

 

シンガポールの仮想空間「Fresbo World」、正式サービスを開始
シンガポール発の子供・若者向けの2.5D仮想空間「Fresbo World」が正式サービスを開始した。


「Fresbo World」は、シンガポールを「世界のメディア都市」に変えるための機関「シンガポールメディア開発庁(MDA)」から資金提供を受けているサービス。SNSの機能も備えたFlashで動作するWebブラウザベースの仮想空間で、今までパブリックβテストを行っていたが、その段階で既に34万人のユーザーを獲得していた。
このサービスの特徴は、FacebookやMyspace、Friendster、Beboといった世界的に人気のあるSNSのアプリとしても提供されていること。特にFriendsterでは月間人気アプリTOP10の中にランクインするほど支持されているという。
Fresbo World
http://www.fresboworld.com/v2/

関連記事:
シンガポールMDA、仮想空間を含む5つのプロジェクトに760万ドル資金提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.