NEC、コミュニケーション活性化システム「ActiveAvatar(アクティブアバター)」開発

 

NEC、コミュニケーション活性化システム「ActiveAvatar(アクティブアバター)」開発
NEC(日本電気株式会社)が、異業種交流会やオフィスの休憩スペース、セミナーやイベントの懇親会などで”初対面でも話しやすい雰囲気を作り出す”コミュニケーション活性化システム「ActiveAvatar(アクティブアバター)」を開発し、慶應義塾大学との共同実験によりその有効性を検証した。

「ActiveAvatar」は、ディスプレイの前に集まった複数の利用者のそれぞれのアバターや名前、所属、トピック情報などをディスプレイに自動的に表示し、話のきっかけをつかみやすくして気軽なコミュニケーションを提供するシステム。ディスプレイと一体化されたタッチパネルの操作により、利用者同士で簡単にプロフィール交換を行うこともできるという。主な特長は以下のとおり。
1.ディスプレイ近辺にいる利用者の情報を的確に表示
利用者の位置情報をNECの屋内位置管理システム「SmartLocator」及び新たに開発した名札型の測位端末で検出。ディスプレイに取り付けた赤外線発信機からのID情報を利用者が身に着けた測位端末で受信し、無線基地局経由でサーバーにID情報を通知。ディスプレイの近くにどの利用者がいるかをシステムが自動把握し、事前に登録された各利用者の名前や所属、トピック情報をアバターとともに共用ディスプレイに表示する。これらにより、利用者は端末をかざしたり自分の場所を意識することなくシステムを利用することができる。
2.プロフィール情報を交換して人脈図を作成
利用者は、ディスプレイ上のタッチパネルを操作してプロフィールの交換が行える。タッチパネルの操作に基づいてサーバーがそれぞれの利用者に相手のプロフィール情報をメール送信し、その後の継続的な遠隔コミュニケーションを支援する。また、利用者同士のプロフィール交換履歴を管理して人脈図として出力・表示する機能もあり。
NECでは同システムの有効性を検証するため、慶應義塾大学と共同で社会実験を実施してきた。この実験では、展示会の休憩コーナーや異業種交流会で実際にシステムを設置し、来場者同士のコミュニケーション創出を行い異部門の人同士を引き合わせることで、コラボレーションマッチングの効果を発揮することを確認したという。また、オフィス空間での有効性を検証するために、NECネッツエスアイ本社の「EmpoweredOffice Center」にも同システムを設置し来場者による利用実験を実施するという。
この慶應義塾大学との共同社会実験は、文部科学省科学技術振興調整費による委託業務「先端融合領域イノベーション創出拠点の形成 コ・モビリティ社会の創成」により実施されたもので、実験に関する詳細は3月17日から愛媛大学で開催される電子情報通信学会総合全国大会でも発表されるとのこと。
NEC
http://www.nec.co.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.