Kira研究所、リアルとセカンドライフで国際シンポジウム「仮想世界の未来:科学と市民的社会への可能性」開催

 

Kira研究所、リアルとセカンドライフで国際シンポジウム「仮想世界の未来:科学と市民的社会への可能性」開催
プリンストン高等研究所宇宙物理学教授のPiet Hut教授が主催するKira研究所が、12周年を記念してリアルとセカンドライフの双方で国際シンポジウム「仮想世界の未来:科学と市民的社会への可能性」を開催する。


Kira研究所は、「コンテクストの中にある科学」を議論しようとPiet Hut氏により12年前にアメリカで設立された”学際的知の拠点”。今まで様々なワークショップやサマースクールを組織し、一昨年より主な活動を仮想空間に移した。現在はセカンドライフ内のキラキャンパスで天文学などの協同研究や科学教育、哲学、心理学、芸術、演劇などの分野で活発な活動を続けている。
今回開催される国際シンポジウムは、セカンドライフ内のキャンパスと株式会社内田洋行新川オフィス内にある巨大モニターを結び、さらに東京とニューヨークをも結んで行われるもの。セカンドライフに東京の会場からアバターとしてログインする日本の研究者とアメリカのニューヨークからログインする研究者が、共ににKIRA研究所内のカフェで熱いデイスカッションを交わす。仮想空間と現実世界を同時に結んだ国内初の国際会議で、仮想空間を使ったコミュニケーションの可能性を追求する実験的取り組みでもある。概要は以下のとおり。
日時:年2月24日(火)10:00~12:00
場所:ユビキタス協創広場CANVAS(内田洋行 東京新川オフィス内3F)
主催:KIRA研究所
共同開催:株式会社内田洋行 / 3Di研究会
参加料:無料
定員:30名
講演者(敬称略): 
プリンストン高等研究所教授 ピート ハット
野村総合研究所 上席研究員 山崎秀夫
東京大学公共政策大学院 特任准教授 松浦正浩
慶應義塾大学理工学部 専任講師 牛場潤一
総合研究大学院大学 准教授 伊藤憲二
New School 大学院 社会学部教授 池上英子
イベントの詳細及び申込フォームはこちら
http://www.kirajapan.org/event/
関連記事:
プリンストン高等研究所教授、『「コンテクストの中にある科学」のためのセカンドライフ仮想キャンパス』について講演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.