アエリア、ロシア発の仮想空間「DOM3」の契約を終了

 

アエリア、ロシア発の仮想空間「DOM3」の契約を終了
ゲーム分野を中心とするエンターテイメント事業、研究開発・新規事業のメディア&ソリューション事業、ファイナンス事業を手がける株式会社アエリアが、ロシアのNIKITA.Online社が運営する3D仮想空間「DOM3」の日本及び中国における独占配信権の基本契約を終了すると発表した。


「DOM3」は、ロシアで有名なテレビ番組「DOM2」を基に製作された3D仮想空間。同社では昨年4月に日本及び中国における独占配信権の契約を締結していたが、その後NIKITA.Online社と協議した結果、日本市場に適切なコンテンツにローカライズすることが予想以上に困難であるとの判断に至ったとのこと。
今後は、同社が配信権を保有する他のオンラインゲームタイトルの運営に注力し、経営資源の効率化を図ることで業績向上に努めていくとしている。
株式会社アエリア
http://www.aeria.jp/
DOM3
http://www.dom3.ru/
関連記事:
アエリア、ロシア産仮想空間の日本及び中国における独占配信権を獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.