ニュース 国内ニュース

博報堂&京都大学 ”ダレットワールドで人文字を作ってみた”

投稿日:

去る1月16日~18日の3日間、博報堂DY グループ・i-ビジネスセンター 3D インターネットラボと京都大学 市場・組織情報論研究室(横澤誠教授)、株式会社ダレットが共同でダレットワールドにて実証実験イベント「Welcome to に~まるまるきゅ~大作戦!!」を実施した。

同実験の研究テーマは「仮想空間での合意形成に対するグループ構造の影響分析」。多数のステークホルダーがある問題について話し合いをする際、一定人数に分け、グループで話し合う手法が取られることがあるが、このグループ分けの際にグループ内人数が合意形成にどのような影響を与えるのかを分析するもの。実験に参加したのは、ダレットのサイト上に設けられた専用応募ページから応募したユーザー計58名(3日間)。
実験当日は、ユーザー間で複数の小グループを作り、主催者が提示するテーマ「2009年」を表す一文字の漢字を、ユーザー同士が議論しながら決定した。
博報堂&京都大学 ”ダレットワールドで人文字を作ってみた”
議論中の様子
博報堂&京都大学 ”ダレットワールドで人文字を作ってみた”
どの文字にするかは投票で決定。列に並んで一番人数が多かった文字に決める
博報堂&京都大学 ”ダレットワールドで人文字を作ってみた”
2009年を表す一文字は「和」。
今回のイベントで得られた実験結果より、メンバー間の合意形成がグループ内人数や他の要素から受ける影響の分析を行い、学会での発表も視野に入れて今後詳細に考察していく予定とのこと。
ダレットワールド
http://dwpc.jp/
関連記事:
実験に参加して500ダレポGET! ダレットワールド「Welcome to に~まるまるきゅ~大作戦!」の参加者を募集!

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.