アバターサービスの「RocketOn」、パブリックβへ移行

 

アバターサービスの「RocketOn」、パブリックβへ移行
Webブラウザ上にアバターを表示させることができるアメリカのアバターサービス「RocketOn」がパブリックβ版に移行した。同時に6サイトとパートナーシップを締結した。


「RocketOn」はドイツのWeblinのようにWebページ上にカスタムした自分のアバターを表示させ、他のユーザーとリアルタイムチャットができるサービス。Webページ上で仮想アイテムを探してコレクションし他のユーザーと交換したり、ミニゲームをプレイしたり、ペットを飼ったりといった機能も備わっている。
今まではαテスト版ということで提供されてきたが今月からオープンβ版へ移行。それに伴い、ユーザー獲得のため「Comedy.com」「Hypster」「Online Flash Games」「HotSpot」「faceDub」「Boosh Magazine」の計6サイトとパートナーシップを締結。これによりRocketOnは新ユーザーを200万人獲得する見込み。
現在RocketOnには11万4,000人のユニークユーザーがおり、その71%が18歳未満のティーンエイジャーだという。またユニークユーザーの67%が女性とのこと。
RocketOn
http://www.rocketon.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.