英コンサルタント会社、新たな訓練・教育用仮想空間構築でAmbient Performanceと提携

 

イギリスのコンサルタント会社のBray Leino BroadSkill社が、Forterra Systemsが提供している業務用仮想空間「OLIVE」をプラットフォームに新たなトレーニング用ソリューションを構築するため、仮想空間を活用した訓練やリハーサルなどのサービスを提供するAmbient Performance社と業務提携した。


Forterra Systemsの「OLIVE」(On-Line Interactive Virtual Environment)は政府や医療関係機関、企業に向けの3D仮想空間プラットフォームで、Ambient Performance社はForterra社と協力し仮想空間を活用した訓練やリハーサルなどのサービスを提供している。
今後Bray Leino社が構築する予定のソリューションは、既存の仮想空間サービスのように他のグリッドと繋がっているものではなく、教室ごとに「閉じた状態」の仮想空間だという。ユーザー(生徒)は閉じた状態のグリッド(教室)にログインし、外部からの邪魔が入らない状態で講師の話を聞いたり他の生徒と協力して課題をこなしたりできるe-ラーニング環境を作るとのこと。
Bray Leino BroadSkill
http://www.brayleinobroadskill.co.uk/
Ambient Performance
http://www.ambientperformance.com/
Forterra Systems
http://www.forterrainc.com/
関連記事:
【VW Londonレポート】エンタメから訓練まで…企業出展ブースを振り返る(シミュレーション編)~レポート(3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.