IntelがOpenSimを導入 研究・コラボレーション向けの仮想空間「ScienceSim」を公開

   2013/01/08

IntelがOpenSimを導入 研究・コラボレーション向けの仮想空間「ScienceSim」を公開

米Intelが、研究・開発やコラボレーションのためのOpenSimベースの仮想空間「ScienceSim」を構築した。

「ScienceSim」は、リンデンラボ社が提供するセカンドライフをベースとしたオープンソースソフトウェア「OpenSim」をベースに構築されており、セカンドライフに近い環境で学術研究や教育目的での利用、トレーニング、企業のコラボレーションなどが行える。
アカウントを登録すれば誰でも無料で利用できるほか、他のユーザーと「ScienceSim」について話し合ったり質問できるディスカッショングループにも参加することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket