アバターサービス「Weblin(ウェブリン)」、登録者数200万人突破! 2月より仮想アイテムの販売も

 

アバターサービス「Weblin(ウェブリン)」、登録者数200万人突破! 2月より仮想アイテムの販売も
株式会社メルティングドッツとドイツのツヴァイトガイストGmbHの両社が、アバターサービス「Weblin(ウェブリン)」の登録者数が200万人を突破したと発表した。


ウェブリンは、チャットやインスタントメッセージ(IM)機能、150種類以上ものアバター、3Dアニメーションや仮想ギフトなどの様々な機能がユーザーの注目を集め、1日あたり約数1000ユーザーの登録により、9月の登録者数100 万人からわずか数ヶ月で2倍んp登録者数を獲得した。
主な利用者層は20~35歳とのことで、これらインターネットに関心の高いユーザーに向け、2月からは仮想アイテムの販売と広告事業も展開するとのこと。
weblin
http://www.weblin.com/
株式会社メルティングドッツ
http://meltingdots.com/
関連記事:
ウェブリン(Weblin)、ブラウザでセカンドライフアバターを使えるようになる技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.