リバーズ・ラン・レッド、レイアウトの配置・検討に便利なツール「Immersive Planograms」リリース

 

リバーズ・ラン・レッド、レイアウトの配置・検討に便利なツール「Immersive Planograms」リリース
仮想世界エージェンシーのリバーズ・ラン・レッド(Rivers Run Red)社が、昨年同社がリリースした企業向け仮想世界コラボレーションツール「Immersive Workspaces 2.0」の拡張アドオンとして、店舗やオフィスなどのレイアウトの配置案を簡単に実行できる「Immersive Planograms」を発表した。


「Immersive Planograms」は、Webブラウザ上で2Dと3Dの画面両方オフィスや店舗、倉庫の什器のレイアウトを検討できるツール。2Dの画面でオブジェクトの位置をドラッグ&ドロップで変更したりフォルダの中からオブジェクトを取り出すと3Dの画面にもそのまま反映され、より直感的にレイアウトを変更することが可能。
駅のキオスクからコンビニ、大きなスーパーなど様々な種類・サイズの店舗にも対応できるようになっている。
Rivers Run Red
http://riversrunred.com/
Immersive Workspaces
http://immersivespaces.com/

関連記事:
【VW Londonレポート】エンタメから訓練まで…企業出展ブースを振り返る(シミュレーション編)~レポート(3)~

リンデンラボとリバーズ・ラン・レッド、企業のコラボレーションを支援するツール「Immersive Workspaces」を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.