ブラウザベースの3D仮想空間「Just Leap In」 パブリックβテストを開始

   2016/01/17

ブラウザベースの3D仮想空間「Just Leap In」 パブリックβテストを開始

カナダ発のWebブラウザベースの3D仮想空間「Just Leap In」がパブリックベータテストを開始した。今のところ利用は全て無料で、WindowsだけでなくMacでも利用できる。

「Just Leap In」は、ソーシャルメディア上で活発に活動する18~34歳くらいの大人のユーザーを対象としたサービス。テンプレートを利用して自分だけの3Dの仮想空間を作成し、画像や音楽、YouTube動画を空間内に貼り付け、他のユーザーと一緒に楽しむことができる。Door to Doorで他のユーザーが作った空間とリンクさせることも可能。アカウントがFacebookと連動していたり、空間内の更新情報がRSSとして配信されたりといった独自機能もある。

ブラウザベースの3D仮想空間「Just Leap In」 パブリックβを開始

ブラウザベースの3D仮想空間「Just Leap In」 パブリックβを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.