ニュース

軍隊が大真面目にサンタクロースを追跡 Google EarthやVirtual Earthでサンタを見よう

更新日:

軍隊が大真面目にサンタクロースを追跡 Google EarthやVirtual Earthでサンタを見よう

北米航空宇宙防衛司令部(以下NORAD)が、毎年恒例となっている「サンタ追跡実況中継」を今年も行っている。世界中の子供たちにプレゼントを配るため地球を飛び回っているサンタクロースを、軍隊が大真面目に3DCGやソーシャルメディアを駆使して実況中継するというクリスマスシーズンの恒例行事で、日本語サポートも行なわれている。

この「サンタ追跡実況中継」の事の起こりは1955年にあるスーパーがやらかしたちょっとした”ミス”。スーパーのクリスマス企画として「クリスマスイブにサンタクロースに電話しよう!」というイベントを計画しチラシを印刷したが、間違えてアメリカ中央防衛航空軍基地の司令官のホットラインの電話番号を掲載してしまい、当日司令官のもとに次々と子供から電話がかかってくる羽目になった。しかし当の司令官は最初こそ面食らったものの、子供の夢を壊してはいけないと考え、部下達に「子供から電話がかかってきたらサンタクロースの現在位置を極座標で教えるように」と指示を出した。後にこの司令官の機知に富んだ行動は高く評価され、これ以降アメリカ空軍は毎年クリスマスイブの晩に衛星やレーダー、戦闘機などを駆使して「サンタ追跡実況中継」をするようになったという。(1958年からはNORADがアメリカ・カナダ共同事業として行うこととなった)
昔は電話やテレビでサンタの現在位置を知らせていたが、今では情報発信は専らインターネット。特にGoogle EarthやVirtual Earthが出現して以降は、より”リアルタイム”にサンタの現在位置をレポートできるようになった。なお、サンタがこれまで訪れた国々は全てYouTubeにもUPされている。

NORAD サンタ追跡
http://www.noradsanta.org/

-ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.