FooMojo、リアルな3Dバーチャルペットサービス「FooPets」をリリース

   2016/01/03

FooMojo、リアルな3Dバーチャルペットサービス「FooPets」をリリース

Facebookアプリ「Pokey! to Facebook」などを開発したアメリカのFooMojoが、新たな本格的3Dバーチャルペットサービス「FooPets」をリリースした。

「FooPets」はブラウザ上で動作する子供向けの3Dバーチャルペット育成サービス。数種類の犬・猫から好きなペットを選択し、毎日エサや水を与えたりマウスで頭をなでたりして実際のペットのように飼うことができ、子供に適切なペットの育て方を教えることができる。時には病気になることもあるらしく、その場合は”治療”もしなければならない。
同サービスは仮想アイテム販売やプロモーションのため20世紀FOXとも提携しており、またチャリティ活動のためアメリカ動物虐待防止協会と動物愛護の活動を行っている団体「The Humane Society of the United States」ともパートナーシップを締結し、独自の非営利的団体「FooPets財団」も設立した。今後は仮想アイテム販売などアイテム課金で収益化を図ると共に、サービス内で寄付も募り動物の保護に役立てるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.