ちぷやタウン、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構の認定を受ける

 

ちぷやタウン、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構の認定を受ける
株式会社メディアグルーヴのモバイルサービス「ちぷやタウン(CHIPUYA TOWN)」が、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(以下EMA)の認定を受けた。


「ちぷやタウン」は携帯に対応した2Dの仮想空間。ユーザーは自分のアバターとマイルームを作成し、本格的なペット育成ゲームを楽しんだり、フジテレビジョンとの共同企画「おたいぱ(お台場)」の街や、アニメ地獄少女の街「地獄少女タウン」に出かけて他ユーザーと交流したりショッピングが楽しめる。
これまでアプリ不要のリッチコンテンツが楽しめるモバイルサービスとして女性を中心に幅広い年齢層に支持され、順調に会員数を増やしてきたが、一年前のサービス開始当初から、安心・安全なサービス運営を最優先に、監視・サポート体制を整えユーザーへの啓蒙活動も積極的に行ってきた。
またEMA発足時より正会員として活動にも参加しており、この度12月19日(金)にEMAの認定を受けたという。
ちぷやタウン
http://chipu.jp/
株式会社メディアグルーヴ
http://www.media-groove.co.jp/
関連記事:
フジテレビ、メディアグルーヴと共同でモバイル仮想空間「おたいぱタウン」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.