マグスル、3Di OpenSIM の最初のライセンスを販売

 

株式会社マグスルが、3Di株式会社と仮想空間構築サーバーソフトウェア「3Di OpenSIM」のセールスパートナー契約を締結し、同社顧客に対して最初のライセンスを販売した。


マグスルは、セカンドライフにおいて日本最大の事業規模を有しており、100以上のサーバーを運営し、個人及び企業に対しレンタルすると同時に仮想通貨「リンデンドル」の日本円での販売を行っている企業。
「3Di OpenSIM」は、セカンドライフと同様の仮想世界を企業が容易に構築できるサーバーソフトウェアであり、セカンドライフでは実現できなかったセキュアな仮想空間の構築が可能。またセカンドライフとの互換性もあることから、将来的にはOpenSIMとセカンドライフとの相互接続も期待されている。
マグスルはセカンドライフにおいても日本企業数十社の参入に関与しており、また個人向けの仮想通貨販売高も過去1年間で9000万円を超え、現在も伸び続けているという。これらの営業活動で蓄積したノウハウを、今後は他の仮想世界でも積極的に提供していくとのこと。
株式会社マグスル
http://magsl.co.jp
3Di OpenSIM公式サイト
http://3di-opensim.com/
関連記事:
レゾナント、3Di OpenSimで教育機関・自治体向けの仮想空間サービスを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.