コア・ディメンションとフューチャースピリッツ、OpenSimを利用した3D仮想空間サービス「Open Kansai」提供開始

 

コア・ディメンションとフューチャースピリッツ、OpenSimを利用した3D仮想空間サービス「Open Kansai」提供開始
3Dインターネット参入支援事業を展開しているコア・ディメンション株式会社と、レンタルサーバーを中心に事業展開している株式会社フューチャースピリッツが、OpenSimを利用した3D仮想空間サービス「Open Kansai」の提供を開始した。


「Open Kansai」 は、フューチャースピリッツのサーバーホスティング(レンタルサーバー)サービス上で、コア・ディメンションが構築した3D仮想空間サービス。リンデンラボ社が提供するセカンドライフをベースとしたオープンソースソフトウェア「OpenSim」で構成されており、セカンドライフに近い環境を実現している。
両社は仮想空間の導入を検討している企業に向け、OpenSimを活用した仮想空間の利用イメージを体験できるようOpenKansai を無料開放。このような仮想空間サーバーをサーバーホスティングサービスの上で提供することは、ホスティング業界では初の試みだという。今後も両社は技術開発を進め、企業向け仮想空間サーバーのホスティングサービスをリリースする予定とのこと。
Open Kansai
http://os.taf-jp.com/
コア・ディメンション株式会社
http://www.core-dimension.jp/
株式会社フューチャースピリッツ
http://www.future-s.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.