Flashベースのバーチャルオフィス「Meetsee」、パブリックβサービスを開始

   2016/01/02

Flashベースのバーチャルオフィス「Meetsee」、パブリックβサービスを開始

アメリカのHalcyon Worldsが、Flashベースの2Dバーチャルオフィス「Meetsee」のパブリックβサービスを開始した。

「Meetsee」は、仮想ミーティングやコラボレーションなどに使用できる仮想オフィスツールで、ユーザーは自分の必要なツールを自由に配置して好きな構造の仮想オフィスを作ることができる。主な機能は、グループチャット、テレビ会議、動画や画像の表示、その他ファイルの共有などで、ホワイトボードやテレビなどの仮想アイテム上にデータを表示して、本物の会議のような空間を作ることができる。また、その場にいないメンバーにメッセージを残すことも可能だという。β版の利用は無料で、ビジネス利用は使用するユーザー数ごとに3つの料金タイプが設定されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.