ニュース 国内ニュース

蛙男商会のアバターも使える! メルティングドッツ、本日11/17よりアバターサービス「weblin」の日本語版を開始

投稿日:

蛙男商会のアバターも使える! メルティングドッツ、本日11/17よりアバターサービス「weblin」の日本語版を開始
株式会社メルティングドッツが、Web上にアバターを表示させリアルタイムチャットができるアバターサービス「weblin(ウェブリン)」の日本語版サービスを本日より開始する。


同社はweblinを運営するドイツのZweitgeist GmbH社と提携し、日本人ユーザーの獲得やコミュニティの形成、日本向けのビジネス開発におけるweblinの日本展開を独占的に取り扱うとのこと。
日本語版開始にあたり、初期アバターには、株式会社DLEがプロデュースする蛙男商会などのキャラクターが登場することが決定しており、その他にもより日本人向けのアバターがデザインされ、初期設定時に選択できるようになるほか、ブログ投稿機能やソーシャルブックマーク、アバター用仮想アイテムのシステムの公開、仮想通貨の日本円での導入も搭載されるという。
まずは日本国内にてオンラインクラブイベントやオンラインライブコンサート、年末のオンライン初詣など、リアルタイム性のある行事をWeb上で一緒に体験できる環境を提供しながら、ユーザーに対し新たなWeb体験を訴求していくとしている。
weblinの通常利用は基本無料だが、企業専用サービスとなる専用コミュニティ構築時の導入費用は30万円~、月額費用は10万円~で販売。同社では、同事業から2009年末までに登録ユーザー数50万人、30コミュニティへの導入、売上高2億円を目指すという。
weblin
http://www.weblin.com/
株式会社メルティングドッツ
http://meltingdots.com/
関連記事:
クラブイベント「DENPA-電刃-」×weblinコラボレートイベント開催!
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第26回「weblin」

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.