エイタロウソフト、NTTドコモのアバターサービス「iアバター」に3Dアバターシステムを提供

 

エイタロウソフト、NTTドコモのアバターサービス「iアバター」に3Dアバターシステムを提供
株式会社エイタロウソフトが、株式会社ディーツーコミュニケーションズが運営するアバターサービス「iアバター™」へ、同社の3Dアバターシステムを提供すると発表した。


「iアバター™」は、株式会社NTTドコモの「iMenu」上に新たに開設される「アバター」コーナーで、自分のアバターを作成することができるだけではなく、SNSなど外部のサイトや情報提供企業が運営するサイト上でも利用することが可能。このように複数のサイトで同一のアバターを利用できるアバターサービスは、この「iアバター™」が日本初のサービスなのだという。
「iアバター™」は、エイタロウソフトが株式会社アクロディアと共同開発しているiアプリ®「iアバターメーカー」と連動しており、作成したアバターは NTTドコモの新しいサービス「iコンシェル®」向けの待ち受けキャラクター「マチキャラ™」として利用可能で、3Dアバターならではの機能が充実しているという。
株式会社エイタロウソフト
http://www.eitarosoft.co.jp/
関連記事:
エイタロウソフト、NVISION08にて次世代アプリケーションプロセッサAPX 2500を使用した3D仮想空間を提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.