3D仮想空間「Twinity」の運営会社、シンガポール政府から資金支援

   2016/01/02

3D仮想空間「Twinity」の運営会社、シンガポール政府から資金支援

ドイツの3D仮想空間「Twinity」を運営するMetaversumが、シンガポール政府から資金支援を受けたと発表した。今後Twinity上に構築する予定の「バーチャルシンガポール」への援助だという。

現在Twinityには、実際のドイツ・ベルリンを忠実に再現した「バーチャルベルリン」が存在するが、今後はドイツだけでなく他の国の街も再現する予定とのこと。バーチャルシンガポールは来年始めにはオープンする予定で、現在はシンガポール現地のブランドパートナーらと提携し、開発を進めているとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.