コカ・コーラブランド、3D仮想空間「Second Life」に復帰

   2016/01/01

コカ・コーラブランド、3D仮想空間「Second Life」に復帰

コカコーラ系列のブランドである「Nestea」が、3D仮想空間「Second Life」内の「Junkyard Blues」SIMとスポンサーシップ契約を行った。

コカ・コーラ及びその系列ブランドは以前もSecond Lifeに参入していたが、現在は撤退しており、ティーンエイジャー向けの3D仮想世界「There」でのプロモーションを行っている。
「Junkyard Blues」SIMはちょっと古ぼけた景観が特徴の「ブルース」がテーマとなった場所で、SIM内にはライブステージとダンスホール、カフェ、居住区などがある。現在明確にNesteaブランドが分かる施設などは無いが、テレポート地点にてNesteaのペットボトルジュースのオブジェクトとTシャツ、帽子などのグッズを無料配布している。

「Junkyard Blues」SIMへテレポート:
http://slurl.com/secondlife/Junkyard%20Blues/128/128/19

コカ・コーラブランド、3D仮想空間「Second Life」に復帰 コカ・コーラブランド、3D仮想空間「Second Life」に復帰

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.