DAC、meet-meを運営する株式会社ココアへの出資を発表

 

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下DAC)が、国産メタバース「meet-me」を運営する株式会社ココアの第三者割当増資を引き受け、同社株式を取得すると発表した。


取得期日は10月17日(金)を予定しているとのことで、ココアが実施する第三者割当増資において普通株式50株を取得するという。
仮想世界サービスは、国内ではまだ昨年から徐々に本格化してきている状況だが、海外では既に事業として成功しているサービスが複数存在している。DACはこれまでセカンドライフを中心に仮想世界サービスにおける広告関連事業を手掛けてきたが、中長期的に発展が見込まれるこの分野でさらなる知見とノウハウを獲得・蓄積するとともに、新たなビジネスチャンスを開拓するべく、ココアへの出資を決定したという。
尚、本件がDACの2008年11月期の業績に与える影響は軽微であるとしている。
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社
http://www.dac.co.jp/
株式会社ココア
http://www.co-core.com/
関連記事:
DACなど、セカンドライフ内での広告・プロモーション支援サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.