ディズニー、自分だけの”妖精”が作れる「ディズニーフェアリーズ」を公開

 

ディズニー、自分だけの”妖精”が作れる「ディズニー フェアリーズ」を公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社のインターネットグループが、本日よりディズニー公式サイト「Disney.jp」において、フェアリーズ公式サイト「ディズニーフェアリーズ」のサービスを開始すると発表した。


「ディズニーフェアリーズ」は、ヘアスタイルやアクセサリー、洋服などを選んで自分だけのオリジナルの妖精アバターをカスタムし、妖精に関する様々なコンテンツが楽しめるサービス。アバターのほかに自分の妖精アバターにぴったりのマイルームを持つこともでき、様々な家具や小物を配置して模様替えをすることも可能。また他ユーザーの部屋を訪問してメッセージを書き込むこともできるという。
ほかにも、妖精たちをテーマにしたカジュアルゲームや、壁紙のダウンロードや自分の妖精をデザインしたカードや便箋などのステーショナリーの印刷、12月23日(火)より公開予定の映画「ティンカー・ベル」をはじめとした妖精たちのストーリーを集めた短編映像「ピクシープレビュー」などの動画の視聴、本やグッズ、DVD、ゲームなどの新作情報の閲覧など様々なコンテンツが用意されているとのこと。
ディズニーフェアリーズ
http://disneyfairies.jp/
Disney.jp
http://disney.jp
関連記事:
【VWCE in L.A.レポート】「仮想空間は物語を伝える次の形」—ディズニーの子供向け仮想空間戦略とは
(C)Disney

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.