ニュース 国内ニュース

【レポート】総合学園ヒューマンアカデミー横浜校、ViZiMOを使った夏の特別授業の発表会を開催

投稿日:

総合学園ヒューマンアカデミー横浜校、ViZiMOを使った夏の特別授業の発表会を開催
9月22日(月)、ヒューマンアカデミー横浜校ゲームカレッジにて、オリジナルのゲームや箱庭を製作してコミュニケーションを楽しむ3D仮想空間型SNS「ViZiMO」を題材とした夏の特別授業の発表会が行われた。

同授業に参加したのは、主にゲーム開発やプログラミングの分野に進路を希望している生徒さん達。今回の授業は、元々オブジェクトに物理が入っているViZiMOを上手く活用し作品を製作して審査員や他の生徒の前で発表するというもの。プレゼンテーションは3チームに分かれて行われ、それを8名の審査員が講評するという形式で行われた。
各チームの作品は以下のとおり。
・CROSSシューター(アクションゲームチーム)
射撃大会の選手となって、スコアを競い合うゲーム。
総合学園ヒューマンアカデミー横浜校、ViZiMOを使った夏の特別授業の発表会を開催
・スノーボールファイターズ(スポーツゲームチーム)
雪合戦をもとにしたスポーツゲーム。
総合学園ヒューマンアカデミー横浜校、ViZiMOを使った夏の特別授業の発表会を開催
・ヴィジキット! (レースゲームチーム)
用意された4つの乗り物のどれかに乗り、制限時間3分以内に一番早く2周した人が勝ちというレースゲーム。
総合学園ヒューマンアカデミー横浜校、ViZiMOを使った夏の特別授業の発表会を開催
これらの作品は、リアルの学校の教室だけでなく、ViZiMOのインワールドでもスタッフとやりとりし製作されたとのこと。また、作品は完成後もViZiMOの中で公開されているので(今のところViZiMO会員のみ)、この発表会でも審査員がその場で実際に作品で遊ぶ一幕もあった。
総合学園ヒューマンアカデミー横浜校、ViZiMOを使った夏の特別授業の発表会を開催
このように教育の現場で仮想空間が活用される事例はまだまだ日本では少ないが、低予算・短時間で思い描いたことをすぐ具現化することができ、また多くの人に触れてもらえ、意見を聞くことができるのは仮想空間ならではの利点であり、生徒達にとっても得るものは大きいだろう。
今後、仮想空間が本当に世の中に浸透した際には、ビジネスやエンターテイメント以外の仮想空間の活用事例も増えていくのではないかと思う。
尚、生徒さん達の作品はViZiMO内にて上記の作品名で検索すると出てくるので、ViZiMOユーザーはぜひ遊んでみて欲しい。
また今回の発表会の模様及び関連インタビューを「STビジネス」第7号にも掲載する予定なので、こちらもチェックして頂けると幸いだ。
【レポート&インタビュー全文は「STビジネス」第7号で】
ViZiMO
http://vizimo.jp/
総合学園ヒューマンアカデミー
http://ha.athuman.com/index.html
総合学園ヒューマンアカデミー横浜校
http://school.athuman.com/132330/
関連記事:
ViZiMO、総合学園ヒューマンアカデミー横浜校にて夏の特別授業を実施

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.