Curl、Google SketchUpで製作した3Dモデルの中を歩ける「3D Gallery」を発表

 

Curl、Google SketchUpで製作した3Dモデルの中を歩ける「3D Gallery」を発表
株式会社カールが、株式会社ベーシックとの共同開発により、Google SketchUpで作成した3Dモデルの中を歩き回れるシュミレーションソフト「Curl 3D Gallery」の提供を開始した。現在、Curlアプリケーションの投稿サイト「Curl Apps Gallery」より無償でダウンロードできる。


「Curl 3D Gallery」は、Google Scketchupで作成した3Dモデルを「Curl 3D Gallery」に取り込み再現するもので、ユーザーは3Dの建物の中に入り、階段の上り下りや部屋から部屋への移動などを自然に体験できる。またGoogle Earth上に配置した3Dモデルから建物の中に入ることも可能だという。
さらに、壁に好きなイメージ画像やアプリケーションを貼付け、その画像のリンク情報を読み込み3D上で再現することもできるとのこと。
実行するにはCurlの実行環境「RTE ver6」が必要。
Curl Apps Gallery
http://developers.curlap.com/gallery/apps
株式会社カール
http://www.curlap.com/
株式会社ベーシック
http://www.basic.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.