日本の仮想世界を海外に紹介も、メタバース協会第二回総会開催

 

日本の仮想世界を海外に紹介も、メタバース協会第二回総会開催
9月11日(木)、デジタルハリウッド大学・秋葉原メインキャンパスにて、日本における仮想世界の健全な普及と発展を推進する業界団体「メタバース協会」の第二回総会が行われた。今回は入会希望者も対象とした総会だったからか、会場はほぼ満員。


そこでデジタルハリウッド大学大学院教授の三淵啓自氏から、昨今の仮想世界の動向の解説と共にメタバース協会の今後の予定についても発表があった。
メタバース協会では今後、総務省が導入を検討しているネット上の「サイバー特区」の準備委員会への協力や、総会の模様を仮想世界内へ配信するイベントやセミナーの開催、11月26日(水)に東京・六本木ミッドタウンにて開催予定のカンファレンスイベントへの協力などを予定しているという。また、12月にシンガポールにて開催されるCGのイベント「SIGGRAPH」への参加も明らかにされた。これは、現在日本で展開している仮想世界のプロモーション映像を製作し海外の人に向けて紹介するというもので、日本の仮想世界業界を世界にアピールする第一歩となりそうだ。
さらに時期は未定だが、協会ではこの他にも勉強会や実態調査なども行っていくとのこと。
メタバース協会
http://www.metaverse-association.jp/index.html
関連記事:
仮想世界の健全な普及と発展を目指して 「メタバース協会」設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.