写真からアバターを作る「Big Stage」、パブリックβ版に移行

   2015/12/31

写真からアバターを作る「Big Stage」、パブリックβ版に移行

携帯電話のカメラで撮影した3枚の顔写真から3Dアバターを作成できるサービス「Big Stage」がパブリックβバージョンに移行した。

「Big Stage」は、これまでマイケル・ジャクソンの「スリラー」リリース25周年を記念したオリジナル3Dアバターを使用した「スリラー」PV作成サービスなどを行っていたが、今後は誰でも自分の3Dアバターを使用した様々な画像や動画を作れるようになる。アバターは、髪型を変えたり帽子やヘルメットをかぶせたりなどアクセサリーパーツを加えてカスタムすることも可能。YouTubeやFrickerとも連動しており、Big Stageで作成した作品をそのままアップロードすることもできるという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.