鮮魚販売のやまなか亭、セカンドライフに店舗を設置

 

鮮魚販売のやまなか亭、セカンドライフに店舗を設置
鮮魚を全国に販売するやまなか亭は、セカンドライフにテンポを設置したことを発表した。これは米国ロビン社の3D部門であるVostera社と鳥取県の境港で日本海の鮮魚を販売するやまなか亭によるもの。


和風店舗に、あじのどぐろ、イシダイ、などの魚が展示されている。ホームページ経由で購入も可能だ。Vostera社の鈴江氏はこの取り組みについて「世界のユーザーにも日本の魚文化を知ってもらうとともに、日本のユーザーに対して継続してマーケティングをしていきたい。」と話す。
今後、情報発信基地として、イベントを開催したり、季節による人気商品などを取り揃える予定。また、セカンドライフの仮想通貨であるリンデンドルでの注文販売も視野にいれ、検討しているという。
やまなか亭
http://www.yamanakatei.com/default.php
やまなか亭セカンドライフ店
http://slurl.com/secondlife/UZ%20Business/179/207/22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.