ニュース 国内ニュース

コア・ディメンション、セカンドライフを対象にした多言語対応アイテム取引仲介サイト「Vitty」提供開始

投稿日:

コア・ディメンション、セカンドライフを対象にした多言語対応アイテム取引仲介サイト「Vitty」提供開始
コア・ディメンション株式会社は、9月1日よりセカンドライフを対象にした多言語対応アイテム取引仲介サイト「Vitty(ヴィッティ)http://www.vitty.jp 」の提供を開始することを発表した。


ユーザーはVittyを利用することにより、Webサイトを経由してセカンドライフのアイテムを販売・購入できる。
これまでにもセカンドライフのアイテムをWeb経由で販売・購入するサービスは存在したが、Vittyは多言語に対応していることが特徴。商品登録時の自動翻訳機能などによって言語的な制約なくアイテムを売買できる。現在は英語と日本語に対応し、その他の言語についても順次提供していくという。決済手段はリンデンドル決済と電子マネー「BitCash 」が利用可能。初年度取扱高は1億5千万円を目標としている。
日本人クリエイターが作成するアイテムはクオリティが高く海外でも高く評価されているが、従来のアイテム取引サイトは母国語のみの対応のため、利用ユーザーが限定されてしまっていた。Vittyによって世界中のクリエイターが創造した仮想世界のアイテムの流通を促進し、国境の無い新しい市場を形成していきたいという。
Vitty
http://www.vitty.jp/

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.