セレブ着せ替えSNSのstardoll、2000万ユーザーを突破

   2015/12/31

セレブ着せ替えSNSのstardoll、2000万ユーザーを突破

セレブを”着せ替え人形”にして遊べるアバターSNS「stardoll」が、2006年のサービス開始以来2000万アカウントを達成したと発表した。

「stardoll」はスウェーデン発の子供向けの着せ替えSNS。映画俳優やスポーツ選手、アーティストなどの”セレブ”をアバターに、洋服やアクセサリー、髪の毛などを着せ替えてマイページで見せ合い他のユーザーとの交流が楽しめる。
同サービスは2006年にスタートし、以降2007年8月には1000万ユーザーを突破。さらに今月に2000万ユーザーに達し、1年ごとに1000万ユーザーを獲得している計算になる。なお、同サービスでは着せ替え用のファッションアイテムを販売しており、今まで販売したバーチャルアイテムは2億800万点にも上るという。同社では今回の2000万ユーザー突破を記念し、36時間以内にログインしたユーザー全員に仮想通貨「Stardollars」をプレゼントしたり、抽選でファッションアイテムが当たるキャンペーンを実施している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.