OPEN NEBULA PROJECT、OSC2008名古屋に参加

 

OPEN NEBULA PROJECT、OSC2008名古屋に参加
8月9日(土)に名古屋で開催されるイベント「オープンソースカンファレンス2008 Nagoya」(以下「OSC2008名古屋」)に、OpenSimを利用した仮想世界サーバーネットワーク作りを目指すコミュニティ「OPEN NEBULA PROJECT」が参加する。ブース出展のほかにセミナーも行うという。


オープンソースカンファレンスは、2004年から始まり今回で26回目を迎える日本最大級のオープンソース総合イベント。名古屋での開催は今回が初で、50以上の団体が参加する予定。
「OPEN NEBULA PROJECT」は10:00~17:00の時間帯でブース出展すると共に2つのセミナーも開催する。時間帯と講師は以下のとおり。
(1)14:00~14:45
「バーチャルワールドの現在と未来への展望」
講師:山崎秀夫氏(野村総研 上席研究員)
(2)15:00~15:45
「フリーの仮想世界サーバー”Open SIM”を利用した、OPEN NEBULAプロジェクトの紹介」
講師:板井喜信氏(株式会社エイブルシード)
    島谷直芳氏(株式会社メタバーズ)
セミナーの受講は無料だが、受講にはOSC2008名古屋のサイトから予約が必要となる。
OSC2008名古屋の概要は以下のとおり。
開催日時:8月9日(土) 10:00~18:00
入場料  :無料
開催場所:名古屋市立大学 山の畑キャンパス (地下鉄桜通線桜山駅 徒歩15分)
主催   :オープンソースカンファレンス実行委員会
内容   :オープンソース関連の最新情報提供 (展示・セミナー)
URL    :http://www.ospn.jp/osc2008-nagoya/
セミナー参加登録はこちらから
http://www.ospn.jp/osc2008-nagoya/
OPEN NEBULA PROJECT
http://www.opennebula.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.