マクドナルド、子供向け仮想空間を開始

   2013/01/16

マクドナルド、子供向け仮想空間を開始

マクドナルドが子供向けの2D仮想空間を公開した。同社のHappy Meal(日本名:ハッピーセット)のおまけに付いてくるパスワードを入力するとログインできるというもので、最初に買うHappy Mealの費用以外は全て無料でプレイできる。

空間内でできることは、自分のアバターカスタムや他ユーザーとのコミュニケーション、ミニゲームなど。一人につき1部屋「ツリーハウス」が与えられ、ミニゲームで稼いだ仮想通貨でアイテムを買いカスタムすることができる。現在同社のサイト上にて、この仮想空間の名称やキャラクターのデザインを決める投票を受け付けている。今後は仮想空間内で貯めた仮想通貨とリアルのマクドナルド商品を交換するプログラムも実装予定とのこと。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket