Google Map日本版、「ストリートビュー」機能を実装

 


Google Mapの日本版に、地図上から町を見渡すことができる「ストリートビュー」機能が実装された。実際に町の中を歩く感覚で、道路に立った目線から周囲の景色を見ることができる。


同機能はアメリカの本国版で2007年5月から提供されていたもので、今のところ日本語版では東京を中心とした国道16号線の内側の地域と大阪、兵庫、仙台などの都市部に対応している。
景色には本物の町並みを撮影した写真が使われており、画面上に方角と共に表示された矢印をクリックするとその方向へ移動できる。マウス操作で景色をズームしたり360°見回したりすることも可能。
本物の町並みの写真を使用しているので、プライバシー対策として写りこんでいる人の顔や自動車のナンバーはぼかされているが、もしそれ以外にも不適切な部分がある場合に備えてユーザーからの報告も受け付けているとのこと。「ヘルプ」にある「不適切なストリートビューを報告」から、不適切な写真の箇所と理由を指摘できるようになっている。
Google Map
http://maps.google.co.jp/
関連記事:
Google Earth上でディズニーワールドを観光しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.