Electric Sheep Company、Webブラウザで動く3D仮想空間「WebFlock」を発表

   2015/04/06

Electric Sheep Company、Webブラウザで動く3D仮想世界「WebFlock」を発表

アメリカの仮想世界専門エージェンシーのElectric Sheep Companyが、Webブラウザ上でFlashベースで操作できる3D仮想空間「WebFlock 1.0」を発表した。

Electric Sheep Companyはこれまで3D仮想空間「Second Life」」をはじめとする各種仮想世界で企業参入やイベントをプロデュースしており、ドラマ「CSI」のSecond Life内プロジェクトでも知られている。
今回発表された独自の仮想空間「WebFlock 1.0」はFlashベースで動くのが大きな特徴で、Flashが動くブラウザであればどれでも操作することができる。また空間のカスタマイズも可能で、YouTube動画や画像を貼り付けたり、ゲームを設置することもでき、勿論3Dアバターを介してリアルタイムチャットも行える。今後同社ではこれを企業向けに提供していくとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket