ニュース 仮想空間

Run-DMC、ラッパー向けの3D仮想空間構築のためプラットフォーム企業とパートナーシップを締結

更新日:

Run-DMC、ラッパー向けの3D仮想空間構築のためプラットフォーム企業とパートナーシップを締結

アメリカのヒップホップ・グループ「Run-DMC」のメンバーのダリル・マクダニエルズ(D.M.C.)氏が、ラッパー向けの3D仮想空間の構築のため、プラットフォーム企業のWorlds.comとパートナーシップを締結した。

Run-DMCは、1984年より活動しているダリル・マクダニエルズ(D.M.C.)、ジョセフ・シモンズ(Run)、ジェイソン・ミゼル(ジャム・マスター・ジェイ)の3人によるHip Hopグループ。まだアンダーグラウンドカルチャーだったHip Hopの認知度を高めた立役者で、1986年にはエアロスミスともコラボレーションしハードロックとHip Hopを融合。エアロスミスのかつての名曲をサンプリングした「Walk this Way」は大ヒットしそのミュージック・ビデオも話題になった。2002年にジェイソン・ミゼル氏が射殺されて以降、他2名はソロ活動を行っている。
Worlds.comは1994年より3D仮想空間のプラットフォームを提供しているメタバース界の老舗企業。ちなみにこれまでエアロスミスやデビット・ボウイの仮想空間も構築してきた経歴がある。同社CEOのThom Kidrin氏は今回のパートナーシップ締結について「仮想空間はソーシャルメディアとエンターテイメントの最前線にある。これから構築するラッパー向けの3D仮想空間は、Run-DMCの全てをその環境内で体験できるものでなければならない」と語っている。

-ニュース, 仮想空間
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.