アバターサービス「Meez」、仮想空間風に機能拡張

   2012/12/19

アバターサービス「Meez」、仮想空間風に機能拡張

自分の”動く”アバターを作ってサイトやSNSに貼り付けられるアバターサービス「Meez」が、自分の部屋を作成できる機能やユーザー同士がチャットできるスペースを追加し、より仮想空間的なサービスへと機能を拡張した。

「Meez」はヘアースタイルや洋服、アクセサリーなどのパーツを選択して自分のアバターを作成できるサービスで、GIFアニメで出力された「動く」自分のアバターを外部のサイトやSNSに貼り付けられることが特徴。facebook対応のアプリケーションも用意されている。
これに加え、新たに他ユーザーとチャットができる3D空間「Meez Nation」も開設。Meez Nation内にはリゾートビーチやライブハウス、ショッピングエリア、カフェなどが設けられており、ユーザーはここでショッピングをしたり他ユーザーとチャットをして楽しむことができる。さらに自分の部屋に親しくなった友達を呼ぶことも可能。部屋をカスタムするための家具類やアバター用衣装を買うにはMeez内の仮想通貨「Coinz」が必要だが、用意されているミニゲームをプレイしたりメールマガジンを購読したり、友達をMeezに誘って登録させたりと多くの”稼ぐ手段”が用意されている。またPayPalで購入することも可能となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.