内田洋行が教育分野でのセカンドライフ実証実験を開始 土地と設備の無料提供も

 

内田洋行が教育分野でのセカンドライフ実証実験を開始 土地と設備の無料提供も
株式会社内田洋行が、セカンドライフの利用技術に関する実証実験を開始した。同実験は、内田洋行が運営するSIMの一部を教育関係者や研究者に無料で提供し、教育に役立つコンテンツの製作を共同で行うというもの。今後はコンテンツ製作及びコンサルティングのビジネス展開も視野に入れて教育利用の研究を進めていくという。


同社が無料提供するのは「UCHIDA EDUCATION」SIMのうち10区画分。研究への参加は、同社が運営する教員向けコミュニティサイト「学びの場.com」の会員から募る。製作したコンテンツは同社の東京都中央区にある新川オフィス「ユビキタス協創広場CANVAS」内で実証実験も行える。事前申し込みでセカンドライスに適したPCや高速回線、大型モニターも無料で使用できる。
同社では既に慶應義塾大学と進めている「中学・大学連携プロジェクト」をはじめとする各専門分野の有識者との交流拡大を図ると共に、知識・ノウハウの蓄積を進めるためセカンドライフや3Diに精通したスペシャリストと教育関係者・研究者を集結したコンソーシアムの発足も予定しているという。
株式会社内田洋行
http://www.uchida.co.jp/
内田洋行が教育分野でのセカンドライフ実証実験を開始 土地と設備の無料提供も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.