エプソンのスナップショット撮影・加工スタジオ「EPSON STUDIO」がセカンドライフ内に登場!

   2012/12/05

エイブル・シード、電通国際情報サービス(ISID)と協業し「EPSON STUDIO」を企画・制作

株式会社エイブル・シードが、株式会社電通国際情報サービス(以下ISID)と共に、セカンドライフ内の「chirihama」SIM内に、エプソン販売株式会社の新しいサービス「EPSON STUDIO」のコンサルティング、企画・制作、システム開発を行った。

「EPSON STUDIO」のサービス期間は2008年3月25日~2008年9月末日までの期間限定。
スタジオには雪、桜、ハートなど全8パターンの背景を自由に選択し撮影できるコーナーが設置されており、そこで撮影したスナップを屋外の大型スクリーンに展示したり、セカンドライフ内で撮影・保存したスナップをエプソンのサイト内にある写真加工ソフト(エプソン製)に取り込み名刺やグリーティングカードを作成、その加工した画像を手元のプリンタ(エプソン製プリンタに限る)に出力したりといったサービスを提供する。またスナップを手軽に印刷できるオリジナルのHUDも無料配布し、撮影から一歩進んだリアルと結びついたサービスを行っていくとしている。

「EPSON STUDIO」へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/chirihama/92/130/21?title=EPSON

「EPSON STUDIO」のサービスの詳細についてはこちら
http://www.epson.jp/katsuyou/introduction/sl/index.htm

エイブル・シード、電通国際情報サービス(ISID)と協業し「EPSON STUDIO」を企画・制作

エイブル・シード、電通国際情報サービス(ISID)と協業し「EPSON STUDIO」を企画・制作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket