Flashベースの仮想空間にリアルな物体をインポート

   2013/01/26

Flashベースの仮想空間にリアルな物体をインポート

Flashベースの仮想空間「MyMiniLife」が、リアルに存在する物を仮想空間内に再現するツールを提供している。「MyMiniLife」は仮想空間とソーシャルネットワーキングサービスを組み合わせたようなサービスで、ユーザーはアバターをカスタムしたり、壁や床、ドアなどを組み合わせて自分の部屋を作ることができる。またその部屋に動画や画像、WEBリンクを埋め込んだり、さらにその部屋をブログやMySpaceなどのSNSのプロフィールページに貼り付けることができる。

今回新しく提供されているツールは、リアルな物体をサ仮想空間にそのまま持ってこられる(インポート)ツールで、再現したアイテムは自分で使用するだけでなく他の人と共有したり販売することもできる。必要な道具は、物体の写真(実寸で4面撮影)を撮影するカメラとフォトショップなどの画像編集ソフト。
MyMiniLifeでは正式サービス開始前に2ヶ月βテストを行い、その間約9000アイテムがインポートされたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket