レゾナント、教育機関向けにオープンソース型CMS Webサイト構築支援サービスを提供

 

レゾナント・ソリューションズ株式会社が、これまで企業向けに提供してきたオープンソース型CMS Webサイト構築支援サービスを、4月1日より全国の小中高、専門学校、大学などの教育機関に向け提供していくと発表した。


同社では、これまで企業向けにオープンソースでのCMSを導入してきた実績をベースに、より教育機関で使いやすいNetCommonsを採用し、デザインカスタマイズ、導入支援を行うと同時に昨年12月より開始したNewtonTLT教材でのeラーニングサービス(TOEIC、大学センター入試用カリキュラム)、セカンドライフ内の「TOKYO College City」での導入セミナーを利用できるようにする。その第一弾として今年度は九州内の学校を中心に学校ポータルサイトを開設し、eラーニング(TOEIC得点UP、大学センター入試英語対策)の導入支援を行っていくとし、4月1日より特別導入価格でのモニター学校10校を募集するとしている。
レゾナント・ソリューションズ株式会社
http://www.resonant-sol.jp/
関連記事:
レゾナント・ソリューションズ、仮想教育施設を開設し教育サービスを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.