ニュース 仮想空間

マグスル、セカンドライフ内でアドベンチャーゲームの開発ツールを提供

更新日:

マグスル、セカンドライフ内でアドベンチャーゲームの開発ツールを提供

株式会社マグスルが、セカンドライフにおいてアドベンチャーゲームを開発するツール「Adventure System」の提供を開始する。現在、同ツールで開発した3部作からなる探偵小説風のアドベンチャーゲーム「マグスル東京殺人事件」を「MagSL Tokyo1」内の「tokio」SIM内で無料配布している。

同ツールはセカンドライフにおいてPCや市販ゲーム機などで販売されているアドベンチャーゲームと同様の製品を簡単に開発することができるシステムで、プログラミングをすることなく「ノートカード」と呼ばれるテキストファイルの記述とスクリーンショットの組み合わせにより、誰でも容易にアドベンチャーゲームを開発・配布することができる。企業へアドバゲーミング(広告商品を取り扱ったゲーム)を安価に提供できるほか、仮想空間での施設のガイダンスなどにも幅広く利用が可能。
今後の展開としては、「マグスル東京殺人事件」をプレイしたユーザーからの意見を機能的に盛り込んで2月末に開発者向けツールを配布予定とのことで、個人向けツールと法人向けツールの2バージョンを用意するという。個人向けの提供は 10,000 L$での販売を予定しており、制作したアドベンチャーゲームは無料で配布することも有料で販売することも可能だという。細かい利用規約等については現在検討中とのこと。

「Tokio」へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/tokio/

マグスル、セカンドライフ内でアドベンチャーゲームの開発ツールを提供マグスル、セカンドライフ内でアドベンチャーゲームの開発ツールを提供

-ニュース, 仮想空間
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.