”Sims ミーツ Facebook”な携帯仮想空間「Ego City」登場

   2013/02/01

”Sims ミーツ Facebook”な携帯仮想世界「Ego City」登場

カリフォルニアに拠点を置く携帯ゲーム開発会社のPunch Entertainmentが、よりコミュニティ色の強い携帯電話向け2D仮想空間「Ego City」を立ち上げた。

「Ego City」はドット絵の単純な絵で表される2D仮想空間で、ユーザーは首や腕の無い、顔と胴体、手足のパーツで構成されたアバターを操作する。各パーツはどれも差し替え可能で、自分だけのデザインにカスタマイズすることが可能。
このサービスの特徴は、ただ空間内で暮らすだけのミュニティサービスではなく、他のユーザーと戦ったり遊んだり話したりと様々なイベントをこなすことにより、「レベル上げ」ができるというゲーム的要素も含んでいる点。そのレベルに応じて新しい服やアクセサリー、アバターのパーツなどを買うことができる。
さらに友達登録やメッセージのやりとり、ブログなどのSNS的なサービスも付属しており、さながら”Sims(シムシティ) ミーツ Facebook”のような仮想空間なのだという。
現在同社ではこの「Ego City」のオープンβ版を公開しユーザーを募集している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket