SBI Robo、仮想世界「東京0区」のプロモーションサイトを公開

 

SBI Robo、仮想世界「東京0区」のサイトを公開
SBI Robo株式会社が、仮想世界「東京0区」のプロモーションサイトを公開。同サービスのデザインを担当するアーティストも合わせて公開された。


「東京0区」は東京湾に浮かぶ仮想都市で、映像作品の企画・制作を行うクリエイティブ集団「STUDIO4℃」が10年以上温めてきたアイデアが元になって構成されている。
いくつものユニークな都市が開発されていく予定で、仮想通貨や仮想口座、クレジットカード「SBIゼロカード」も用意し、法制度に沿ってリアルと連動した経済活動と金融サービスを提供していくとしている。
今までは同社のサイトでデザイン画などが公開されている程度だったが、今回公開された同プロモーションサイトでは参加アーティストの森本晃司氏と田中達之氏の情報も公開された。今後は毎月9日を「ゼロ区(09)の日」とし、サービス開始に向けて毎月各種情報を公開していくとのこと。
東京0区
http://www.tokyozeroku.com/
SBI Robo株式会社
http://www.sbirobo.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.