スクウェア・エニックス、12月10日より会員制の3D仮想空間を開始

 

スクウェア・エニックス、12月10日より会員制の3D仮想空間を開始
スクウェア・エニックスが12月10日(月)より、12月13日(水)に発売予定のWii用ソフト「チョコボの不思議なダンジョン時忘れの迷宮」に登場する街を忠実に再現した3D仮想空間をオープンする。”チョコボ”と会話を楽しむことができるかも?


同サービスは、同社の無料会員サービス「スクウェア・エニックス メンバーズ」と連動するもの。
「チョコボの不思議なダンジョン時忘れの迷宮」に登場する「時忘れの街」を再現した世界観で、3Dの街並を自由に歩き回れる。今後は従来の会員サービスに加えて、この仮想空間内でも同社の新作タイトルの紹介動画配信などのサービスを提供していくとのこと。
尚、アバターは「スクウェア・エニックス メンバーズ」で作成した3Dアバターをそのまま呼び出して使用できる。
スクウェア・エニックス
http://member.square-enix.com/jp/
関連記事:
スクウェア・エニックス、会員制サービスにて3Dアバター作成サービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.