【動画あり】スカルプテッドプリム製作に挑戦 ~PloppSecondLife編~

   2011/04/01

今回はちょっとモノ作りに挑戦してみたいと思います。それもスカルプテッドプリム製作に挑戦!
スカルプテッドプリムとは、立方体や円柱、球体などのデフォルトのオブジェクトの形そのものを変形させ、自由な形に変形し直すことができるプリムをいいます。
それを製作するには外部の3Dモデリングツールを使用するのですが、有料で高価なソフトだったり、無料でも海外のツール で説明が英語しかなかったりと、初心者ユーザーには少々ハードルが高い代物のようです。
しかし、子供のお絵描き感覚で簡単にスカルプテッドプリムが製作できる無料のツールがあるのです!それがこの「PloppSecondLife」。

スカルプテッドプリム製作に挑戦 ~PloppSecondLife編~
http://www.secondplopp.com/
基本的に英語のみですが、操作方法はとても簡単でほとんど感覚のみで操作できてしまいます。磁石を使った何度でも描ける子供のお絵かきボードと同じような感じです。
まずは上記サイトよりツールをダウンロード&インストールします。
スカルプテッドプリム製作に挑戦 ~PloppSecondLife編~
するとこのようなアイコンが表示されるので、クリックすると…
スカルプテッドプリム製作に挑戦 ~PloppSecondLife編~
このような画面が表示されます。
左側にある「紙にクリップ」のアイコンが見本ライブラリー、その下のスプレー缶のアイコンがお絵かきツール、右上のチャンネルがセカンドライフ内の「太陽の調整」を再現していて光の当たり方が確認できます。その下の顔2つはそれぞれ「削除」と「終了」。最初はたったこれだけです。
スカルプテッドプリム製作に挑戦 ~PloppSecondLife編~
まずいきなり自分で描く前に見本をチェックしてみましょう。ツールのマスコットキャラを見てみます。
スカルプテッドプリム製作に挑戦 ~PloppSecondLife編~
「絵」の状態のときは勿論2次元なのですが、描画が終ると3次元表示されて実際にスカルプテッドプリムになった時のプレビューが360°ぐるっと確認できます。
ここで納得できなかったらもう一度やり直し、納得できたらテクスチャを書き出します。事前に完成予想図を確認できるのが便利。
これを踏まえて、試しにクリスマスツリーを描いてみました。

実際やってみて思ったのは、「フリーハンドでマウスで絵を描くのは大変」ということ。ペンタブレットがあれば便利でしょうが、無い場合はあまり複雑なものは避けた方がいいかもしれません。
これでは本当に子供の絵レベル……
スカルプテッドプリム製作に挑戦 ~PloppSecondLife編~
そこで今度は、クリスマスツリーよりは簡単な「サンタの靴」を描いてみました。
スカルプテッドプリム製作に挑戦 ~PloppSecondLife編~
そして360°回して確認し、スカルプテッドプリムのテクスチャを書き出します。長靴のプレビューの左上に表示されている「小さい長靴」をクリックすると…
スカルプテッドプリム製作に挑戦 ~PloppSecondLife編~
マイドキュメントに自動的に「PloppSecondLife」というフォルダが作成され…
スカルプテッドプリム製作に挑戦 ~PloppSecondLife編~
その中にテクスチャが保存されます。
これでデータはできました!この後はいよいよセカンドライフ内でオブジェクト製作です。

動画を見てお分かりのとおり、一応裏側もなんとなく描写されるのですが、なんだかクッションのような造型になってしまいます。
なので、やはり複雑な形のスカルプテッドプリムを作るのは無理そうです。ただ、形に合わせて模様のテクスチャも一緒に作れるのが便利ですね。
枕やクッション、座布団、ちょっとしたアクセサリーや小物に使う部分的なパーツなどの製作に活用するとよいかもしれません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.