映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~

   2011/04/01

また海外の映画キャンペーンSIMを訪問しました(前回はこちら)。今回は12月14日(金)より日米同時公開される映画「アイ・アム・レジェンド」の世界観を再現したSIMです。
「アイ・アム・レジェンド」は、元々はアメリカのSF作家リチャード・マシスンが1954年に発表したSF小説で、1964年と1971年にも映画化されており、今回で映画化は3度目になるとのこと。

「アイ・アム・レジェンド」日本版公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/iamlegend/
このSIMの特徴は、ただ世界観を再現しているのではなく、SIMの中で映画のシチュエーションそのままの本格的なサバイバルゲームができるということ。つまり”ゲーム内ゲーム”といった感じですね。
そのためSIMがやたらと広く、チュートリアルSIMを含めて合計6SIMもあります。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
また、このSIMとゲームの情報を掲載した専用サイト(英語のみ)も用意されており、なんだか普通のプロモーション活動とは違う強い意気込みが伺えます。
I AM LEGEND SURVIVAL
http://iamlegendsurvival.warnerbros.com/
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
とりあえず今回は新しい方のチュートリアルSIM「IAL Orientation 2」に降り立ちました。スタート地点には「セカンドライフの初心者は緑の矢印、ゲームの説明は赤い矢印」といった案内看板が立っています。
操作方法は先の専用サイトにも書かれていますが、ここのチュートリアルも映画の雰囲気を反映しつつ丁寧に作られていました。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
また、ここでも「べオウルフ」同様、アバターのカスタマイズの項目でオリジナルの洋服と簡単なアバターがもらえるようです。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
チュートリアルが終ると今度はゲームの説明です。ここをちゃんと理解しないとゲームを楽しむことができないので、全部英語で書かれてはいますが頑張って読んでいきましょう。翻訳サイトを使えばだいたい理解できるかと思います。
このゲームでは、「人間と犬」(生き物)と「ゾンビとゾンビ犬」(死者)の両方に変身して遊ぶことができます。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
そしてそれぞれの登場キャラクターのアバターが全て無料で貰えます。これが結構良い出来なので、ゲームをしないで観光だけ…という方でも貰っておくことをオススメします。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
特に人間キャラがはいているこの靴↑のテクスチャが見事なのでオススメです。これなら普通の服にも合わせていろいろ使えそう。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
私はゾンビになることにしました。が、素っ裸なのも何なので、とりあえず髪の毛を着けて服を着せゾンビキャラのカスタマイズをしてみました。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
変身したら、ゲームに必要なHUDと銃をもらい、射撃の練習をします。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
それにしても射撃の時は犬も二足歩行になるんですねえ…
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
そして面白いアイテムがこの「死体袋」。これを集めると、違うアイテム同士を掛け合わせて「アイテム融合」ができるのです。ただし人間キャラのときのみ。残念ながらゾンビの私にはできません…。
ゾンビ退治ではなく「死体袋」集めに集中して新アイテムを作る遊び方をしても面白いでしょう。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
ゲームの説明が全て終った後にやっと映画の予告編が視聴できます。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
そしていよいよ街に繰り出しサバイバルゲーム開始です!
…しかしここも映画の世界観を反映してか夕暮れの暗い天気。人影が見えづらくてゲームとしては良いのでしょうが、観光には不向きです。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
こちらが「正午」の状態。古ぼけた廃墟のようなテクスチャがリアルです。ゲームではなく観光が目的ならこちらの方が良いかもしれませんね。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
おっ!自分以外のゾンビキャラを発見!やはり皆さん自分なりにカスタムしているようですね。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
その後ゾンビを”狩る”側である人間キャラにも遭遇。しかし幸いなことにセカンドライフ初心者の方だったようで動きがぎこちなく、おかげで逃げ切ることができました。
映画の中の世界へ~アイ・アム・レジェンド編~
そして近くで銃声が聞こえる…と思ったら、先ほど出会ったゾンビキャラと人間キャラが交戦中!
普通の企業SIMでは考えられないくらい景気良くバンバン銃を撃ってます。武器携帯&戦闘行為が厳しく制限されているセカンドライフでこれは貴重な体験。
といったように、SIMも広くさまざまな「しかけ」もあるので、本気になって遊んでいたら何時間あっても足りません。ゾンビになったら次は人間、その次は犬…とキャラと立場を変えて楽しめるのも斬新。純粋に「何度でも来たい」と思ってしまいます。
これぞまさに「没入型サービス」。これなら友達を誘ってまた遊びに来たくもなるし、元ネタの映画にも興味がわいてきます。
ただこのSIM、「太平洋標準時間で10:00~24:00まで」という「入場時間の制限」があり、その時間以外は入れなくなっているので訪問の際はご注意下さい。(日本との時差はだいたい17時間)
こうして、敢えて制限を設けているのも作戦の内でしょうか?
「IAL Orientation 2」へテレポート:
http://slurl.com/secondlife/IAL%20Orientation%202/128/128/0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.