ニュース 国内ニュース

セカンドライフ総合ブログ案内サイト「naniSL」、日本最大のアートイベントに初出展

投稿日:

セカンドライフ総合ブログ案内サイト「naniSL」、日本最大のアートイベントに初出展
先日11月17日(土)・18日(日)の2日間に渡って開催された日本最大のアートイベント「デザインフェスタ」に、セカンドライフの総合ブログ案内サイト「naniSL.net」が出展した(一日目の17日のみ)。

「デザインフェスタ」は、東京ビッグサイトにて春と秋の年2回開催される日本国内最大のアート・フェスティバル。オリジナルの作品を制作していれば、絵、立体、映像、服飾、工芸、音楽、パフォーマンスなど、どんなジャンルのアーティストでも参加することができ、様々な形態で出展することが可能。最近では海外からの出展者も多数参加するようになり、よりワールドワイドなイベントに成長している。
自分の創造(想像)力でどんなこともできるという点では、日本国内で最もセカンドライフの世界観に近い場所かもしれない。
このデザインフェスタに「naniSL」が一日だけ”リアル支店”を出展。
セカンドライフ総合ブログ案内サイト「naniSL」、日本最大のアートイベントに初出展
セカンドライフ総合ブログ案内サイト「naniSL」、日本最大のアートイベントに初出展
”セカンドライフ支店”はよく聞く言葉だが、セカンドライフに先に出店したnaniSLにとっては、このリアルなイベント出展こそ「支店」に当たるようだ。
そんなnaniSLリアル支店では、通常セカンドライフのインワールドで販売しているアバター用Tシャツを”リアル”に再現して販売。
セカンドライフ総合ブログ案内サイト「naniSL」、日本最大のアートイベントに初出展
これまた普段聞くのとは全く反対の試みで画期的。肝心の売り上げの方は、外国人の来場者が購入していったとのこと。
他にもブース内にセカンドライフの画像を展示し、メンバーのアバター画像を使用した名刺を配るものの、まだまだ日本人のクリエイターでセカンドライフの存在を知る人は少なかったらしく、僅かに知っていてもまだログインしたことのない未経験者ばかりだったという。
このような自由な創造がものを言うアートイベントこそ、セカンドライフなどの仮想世界と連動すれば面白いムーヴメントを起こすことができるのではないだろうか?
例えば、セカンドライフを使用したマシネマ作品が出展・上映されるだけでも大きなインパクトになるだろう。
次回のデザインフェスタは2008年5月17日(土)・18日(日)に開催される。果たして半年後、セカンドライフはどれくらい日本人クリエイターの間に普及しているだろうか?
naniSL.net
http://nanisl.net/
デザインフェスタ
http://www.designfesta.com/

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.