スペインの携帯プロバイダー、ユーザー向けの3D仮想世界を開発

   2013/01/31

スペインの携帯プロバイダー、ユーザー向けの3D仮想世界を開発

スペインの携帯プロバイダーのLaNetro Zed社が、同社のユーザー向けの3Dコミュニティスペース「Zed City」を開発した。

「Zed City」はPCベースの仮想世界で、ユーザーはカスタマイズ可能な自身のアバターを作成し、服を着替えたり家具を置いて自分の部屋を作成することができる。またチャットで他のユーザーともコミュニケーションでき、画像や音楽・動画などのデータもアップロードできる。携帯プロバイダー会社である特性も生かし、携帯からも更新内容が確認できる機能も搭載されるという。一般提供の時期はまだ未定。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket