参入支援のエイブル・シード、SLingとセカンドライフのSIM群を共同運営

 

参入支援のエイブル・シード、SLingとセカンドライフのSIM群を共同運営
セカンドライフの参入支援サービスを展開するエイブル・シードは、「SLing」を運営する中部ファニチャーと共同でセカンドライフのSIM群を運営することを発表した。エイブル・シードは石川県金沢市に実在する特別名勝「兼六園」を再現した観光SIM「Kenroku」などを展開している。


共同運営するSIM群は現在両者が所有する計6SIMに加え、セカンドライフで展開するファッションブランド「LITTLE HEAVEN」を含み、将来的に計25SIMとする予定で、共同で企業誘致や広告宣伝、イベントコンテンツの展開を行っていく。
株式会社エイブル・シード
http://www.ableseed.co.jp/
SLing
http://slingweb.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.