ニュース 国内ニュース

インターネットコムと goo リサーチ、「Second Life に関する定期調査」の最新結果を発表

投稿日:

インターネットコムと goo リサーチが、2007年6月より報告している「Second Life に関する定期調査」の第3回目の調査を行い、その最新結果を発表した。
調査は全国の10代~50代以上のインターネットユーザー1,087人を対象に行われた。男女比は男性52.44%、女性47.56%。年齢別は10代17.48%、20代19.69%、30代18.03%、40代17.02%、50代以上27.78%だったとのこと。
「『Second Life』という3Dオンラインコミュニティをご存知ですか」との質問では、「内容や特徴まで詳しく知っている」との回答は3.50%(38人)、「内容や特徴をある程度知っている」が26.40%(287人)で、前回の調査から若干減少しているという結果になった。
その一方、「マスコミ報道等で見聞きした程度で、内容や特徴まではわからない」との回答は37.90%(412人)で、前回の結果31.16%から6.74ポイント上昇しており、セカンドライフという言葉の露出が増えていることがうかがえる。
利用状況についての調査では、「現在利用している」と回答したのは1.22%(9人)で、前回の1.47%からわずかに減少。前々回の結果は1.72%だったとのことで、連続で減少し続けている状況のようだ。尚、「登録して利用したことはあるが、今は利用していない」との回答は2.99%(22人)だったという。
「Second Life を今後利用したいと思いますか」との質問では、「利用したい」と回答したのはわずか6.44%(70人)。逆に「利用したくない」との回答は48.67%(529人)で半数近くにも上ったとのこと。
インターネットコム
http://japan.internet.com/
gooリサーチ
https://research.goo.ne.jp/datastore/index.html

-ニュース, 国内ニュース

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.